gta5df5

     
「Rockstar Games」と「Ruffian Games」の共同開発について

ロックスターゲームスは、他のスタジオに雇われて彼らのビッグゲームを開発することはありません。
Ruffianは最近『Halo:Reach』に取り組み、Xbox One用にグラフィカルなアップグレードを提供しました。
このニュースは、かつてのロックスター・ゲームス作品を現世代・次世代コンソールに移植するか、またはVRゲームに変貌させるためです。」


「興味深いことに、オーストラリア等級審査委員会は、僅か2周間前に『GTA3』の新たな審査結果を発表しています。『GTA3』は既にPCとPS4に対応しているので、Xbox Oneやニンテンドー・スイッチ、またはGoogle Stadiaに登場する可能性を示唆しています。」

ロックスター・ゲームスの内情を知る著名なリーク者"Tez2"のツイート。
     



Crackdown 2を生んだ「Ruffian Games」が「Rockstar Games」のマルチプレイヤータイトル開発に参加か、新たな開発者の募集を開始
gta5df2

かつて、“Crackdown 2”を手掛け、近年は“Halo: The Master Chief Collection”や“Crackdown 3”の開発に参加していたお馴染み「Ruffian Games」ですが、新たにスタジオがマルチプレイヤーアクションゲームの開発に携わる各種エンジニアの募集を開始。どうやら「Rockstar Games」の新プロジェクトに参加しているのではないかと注目を集めています。

これは、スコットランドのビデオゲーム業界団体“The Scottish Games Network”が、公式Twitterを通じてRuffian Gamesの開発者募集を紹介し、これがRockstar Gamesのプロジェクトであることを明言したもので、今のところ真偽の程は不明ですが、Ruffian Gamesが自らこの紹介をRTし、開発者の募集を進めていることを強調しています。


Rockstar Northと近いこともあって、設立当初からRockstar Gamesとは浅からぬ関係にあるRuffian Gamesですが、開発者募集の要件には当該プロジェクトがPCとXbox One、PS4、次世代コンソール向けの作品であることが明記されており、現行タイトル(Grand Theft Auto OnlineおよびRed Dead Online)への開発参加か或いは何らかの移植、それとも全く新規の作品か、今後の動向に期待が掛かるところです。




Ruffian Games、Rockstar Gamesとの共同タイトルを開発中―スコットランドの業界サイトが報じる
gta5df3
スコットランドのゲーム業界サイトThe Scottish Games Networkは、インディーデベロッパーRuffian GamesがRockstar Gamesとの共同タイトルを開発していると報じました。

Ruffian Gamesは、『ライオットアクト2』(2010年、Xbox 360)や、『Halo: The Master Chief Collection』に収録予定の『Halo: Reach』(配信日未定、Xbox One/PC)などの開発経験があるほか、『Manhunt』や『Grand Theft Auto』といったシリーズでRockstar Gamesとの協働経験があります。

募集している職種は、エンジニア、シニアエンジニア、UIエンジニア、システムエンジニア、グラフィックエンジニア、シニアグラフィックエンジニア、ゲームプレイスクリプトエンジニアと多岐にわたっています。各職種の詳細な求人情報はRuffian Gamesの公式ページにて確認できます。

求人情報を紹介しているThe Scottish Games Networkは「どのプラットフォームの、どのタイトルかといった情報は明かされていないものの、経験則に基づいた推測はそれなりに簡単だろう」と述べています。