n7

     
『GTAオンライン』にはPS5/Xbox Series X/PC向けの次世代機専用コンテンツが存在

Grand Theft Auto V(GTA5/GTAオンライン) : DLC「2020年 夏の大型アップデート」(パッチ1.51)配信前、『GTA5』本編の累計出荷本数が1億3500万本を突破、次世代機専用コンテンツの存在が明らかになったことを伝える"MrBossFTW"のインフォメーション動画。



・『グランド・セフト・オートV』の累計出荷本数が1億3500万本を突破

Take-Twoは『Grand Theft Auto V』の世界累計出荷本数が1億3,500万本に到達したと発表しました。

約500万本はこの最終会計四半期(Q4 2020)に販売されました。

3ヶ月間に販売された500万本には、Epic Games Storeの無料期間中に配布されたダウンロード数も含まれています。
Take-Two Interactiveのアナウンスを伝える"GTA News"のツイート。




Take-TwoがPS5とXbox Series X、PC版「Grand Theft Auto Online」向けの専用コンテンツを予告、GTAVの累計販売は遂に1億3,500万本を突破
n2

先日、過去最大規模となる“Grand Theft Auto Online”向けの大型アップデートに関する情報をご紹介した「Grand Theft Auto V」ですが、本日Take-Two Interactiveが実施した2021会計年度第1四半期業績報告のカンファレンスコールにて、同社のKarl Slatoff社長が次世代機対応を含む本作の今後について言及し、PS5とXbox Series X、PC版“Grand Theft Auto Online”向けに専用の追加コンテンツを導入することが明らかになりました。

今のところ、次世代機/PC版の新コンテンツに関する詳細は不明ですが、新たにPS5版の発売時期が2021年第2四半期に決定しており、さらなる続報が待たれる状況となっています。(PS5版“Grand Theft Auto V”のローンチ後、3ヶ月間は“Grand Theft Auto Online”を無料で提供)


また、本作の累計販売が遂に1億3,500万本を突破しており、5月に報じられた1億3,000万本突破から僅か3ヶ月で500万本もの販売増を達成したことが判明しています。

さらに、5月中旬に行われたEpic Gamesストア向けの“Grand Theft Auto V”無料配布後も好調な販売が続いており、無料配布直後の6週間における本作の販売が前年同期比で増加しただけでなく、“Grand Theft Auto Online”のゲーム内購入が過去最高額を記録したほか、新規プレイヤーのサインアップについては、発売以来2番目の規模に達したとのこと。


https://doope.jp/2020/08106484.html






・ロックスターゲームスの新型コロナウイルスCOVID-19支援金が1500万ドルを突破


Take-Two(とロックスター・ゲームス)は世界中の慈善事業のためにゲーム内収益から1500万ドルを調達しました。
(ロックスター・ゲームスは4月1日から5月末までに発生したゲーム内収益の5%を義務金に宛てました。)
ロックスター・ゲームスとCOVID-19の支援の結果を伝える"GTA News"のツイート。
     



・「大型アップデート」ロックスターゲームスのアナウンス
x2

そして「GTAオンライン」のサマーアップデートでは、バラエティ豊かなゲーム体験に様々な新コンテンツを次々と追加していく予定です。

今年はその他にも、両タイトルにさらなる大型アップデートが計画されています。

「GTAオンライン」では過去最大規模のアップデートによって、新ロケーションを舞台にした最新強盗ミッションが登場予定です。